ホーム>株式会社設立

会社設立は自分自身ですること(本人申請)は難しいことではありません。
登記申請は法務省「登記ねっと」でオンライン申請を利用すれば、申請書類が簡単に作成できます。

法務局登記供託オンライン申請システム「登記ねっと」はこちら


株式会社設立・定款認証(電子定款認証)

自分で全ての手続きするより安く会社の設立手続きが出来るなら、任せたほうがいいと思いませんか?
安くなるからくりは、
株式会社を設立するためには「定款」を作成して、公証人役場で認証してもらわなければなりません。
定款を紙で作成した場合、40,000円の収入印紙を貼らなければなりません。
但し、電子定款(電磁的記録)で作成した場合、この印紙代を節約できます。
当事務所では電子定款の作成、認証手続きを行います。
登記申請は当事務所では行いません。登記に関してはご自身で行って頂くことになります。(法務局HP「登記ねっと」を利用してオンライン申請すれば簡単です。)
ですので、「会社設立を自分自身でやりたいが添付書類を作ってくれると助かるな」という方にご利用いただければと考えています。
*登記に関しましては司法書士の業務となります。司法書士事務所をご紹介することも可能です。
その場合もこちらで司法書士とのやり取りをしますので、スムーズに登記完了できます。
電子定款作成・認証・設立関係書類(登記申請書をのぞく)作成で39,800円
*料金は現金のみの出資、シンプルな株式会社形態(発起設立、取締役会、監査役不設置)のものになります。
*このほか公証人役場認証費用50,000円、定款謄本代 2通で約2,000円
 登録免許税150,000円など実費別途かかります。
株式会社設立の流れはこんな感じです。

会社設立には最低240,000円かかります。(株式会社)
内訳は 登録免許税150,000円、公証役場での定款認証費用50,000円、
定款の印紙代40,000円
当事務所なら定款作成から認証を行っても自分で済ますより安くなります。
当事務所は電子定款で認証しますので印紙代が不要なのです。
ご自身でも電子定款の作成は可能ですが、そのためだけにソフトなどをそろえることは、むしろコストががかります。
実際のサービス開始までの流れはこちら

なぜ定款はオーダーメイドしなければならないのか(2日程度で会社を作っていいんですか?)
・定款の絶対的記載事項   ・定款の相対的記載事項    ・類似商号調査は今までも必要?
電子定款とは       ・会社の代表印(実印)について ・取締役になれない人(欠格事由)

実際のサービス開始までの流れはこちら

電話 076-249-9451
(9:00から18:00 土曜日曜祝日除く)

株式会社設立費用(スタンダートプラン) (自分で全てした場合との比較)

すべて自分でする 当事務所に依頼する
定款認証費用 50,000円 50,000円
印紙税 40,000円 0円
当事務所の報酬 0円 39,800円 
お客様のお支払い金額 90,000円 89,800円
定款作成、認証、登記申請に必要となる設立関係書類の作成を行いますが登記申請はいたしません。
登記申請はご自身、もしくは司法書士へ依頼する(ご紹介します)でおねがいします。
(法務局HPからのオンライン申請を利用すれば簡単です。)

別途登録免許税150,000円、登記を司法書士に依頼する場合は司法書士への報酬がかかります。
定款の作成、公証人役場との事前打ち合わせおよび認証のための公証人役場への出頭、
登記に必要な関係書類の準備(登記申請書をのぞく)から開放されます。

実際のサービス開始までの流れはこちら

とにかく安く会社を作りたいなら!


電話 076-249-9451
(9:00から18:30 土曜日曜祝日除く)

当事務所を選ぶメリット

地元の事務所をを選ぶメリットは安いだけでなく設立後のアフターフォローも万全ということです。
・会社設立にあわせて営業許可申請もご依頼いただいた場合、許認可申請報酬20%割引いたします。
(詳細はお問い合わせください)

電話 076-249-9451
(9:00から18:30 土曜日曜祝日除く)

*税理士・会計事務所などの先生向け定款認証委託サービスもご用意しております。
詳しくはお問い合わせで

業務内容




私が行政書士の今村です。
お気軽にお問い合わせください。
076-249-9451
(9:00〜18:30)

土曜日曜祝日定休